坐骨神経痛に対する整体・鍼灸

坐骨神経痛の整体・鍼灸マッサージ

経験から出来上がったオーダーメイドの坐骨神経痛の施術

下総中山・原木中山だけではく関東中から来院されている実績があります。それはぬくもり整骨院でしか受けれなくここでしか味わえない効果を感じるからです自信がある坐骨神経痛の施術となります

このコースは男女共に施術を受けれる事ができます
ぬくもり整骨院は完全予約制ですのでLINEかお電話でご予約をお願いいたします

坐骨神経痛はどこを攻めるのが良いのか?

腸腰筋
腸腰筋と呼ばれる筋肉(骨盤の脇の方ですね)そこを今痛い方は仰向けになり押してみてください、だいぶ固く痛くなっていませんか?

また身体を反らし1分もすれば痛みは増してくると思います。ではそこを施術で受けましたか?坐骨神経痛では腸腰筋部には痛みは出ない為に見逃している施術院も多いのですが症状に合わせ調整していくには大切な筋肉です。

今回はその1部として腸腰筋をあげてみました
痺れの原因も人それぞれ全く違うものです。それは生活習慣により改善させるためのアドバイスも変化していきます。

坐骨神経痛の原因となるものも非常に変わり例えばパソコン入力作業の方はモニターの角度でも椅子の高さでも筋肉のバランスが悪くなり神経を圧迫して症状として出ることもあります 。

坐骨神経痛の説明

坐骨神経痛の施術について
当院の20年以上の施術・経験によりできた独自のオーダーメイドの坐骨神経痛に対する施術です

坐骨神経痛の施術に関して、何がオリジナルなのか?

それは20年以上試行錯誤してきた施術

正直に独自・オーダーメイドの施術を謳い文句にしている院が多いのが現状ですがやっていることは同じ

この話を良く聞きます。簡単に言いますとぬくもり整骨院の坐骨神経痛の施術が色々な院を回ってきた患者さんからもはじめこういう施術を受けた!こういう話を受けます

簡単に言いますと私が坐骨神経痛を持っているから

高校生の時から症状がでて歩けなくなるような痛み、夜仰向けで寝ると痛くて寝れないそんな経験を何回もしてきました。

その度に現役時代もトレーナーにこれをしたら良いとかのアドバイスを受けたり色々やりましたが効果は様々でした。仕事柄もそうですがスポーツの現役時代は私もそうですが

オリンピックトレーナーやプロ野球のメディカルトレーナーからも指導を受けていました。これは同業者ですと正直奥の手は教えないわけですが受ける側ですから奥の手や直接指導も受けてきました

それによりこの症状はこれだ、これはいけないなど色々とわかり、いざ私もこの業界に入り20年以上経過していますが痛みが解るわけですから口コミも広がりました。

それにより動き方やどこまで痛み・しびれがきているのか?これけで施術のイメージが湧くまでに到達致しました
それなので坐骨神経痛の段階による施術と段階にるケア

これだけでも他院とは大きくかわりますね

それらを組み合わせ独自の施術を取り入れたのが当院の坐骨神経痛の施術です

もちろん同じ患者さんでも症状に合わせ毎回施術内容が変化していくというスタイルをとっております

坐骨神経痛に対する施術(手技)電療法や鍼灸も行う場合もあります

当院が必要と判断した場合は鍼やお灸をしても追加料金は発生しません

治療風景

腸腰筋の調整、腹圧も問題になる場合も多いのですが意外と放置される腸腰筋の調整

実は腸腰筋の調整を行う事で背中を伸ばす時にでる痛みはだいたい解消する部位でもあります。

ぬくもり整骨院の坐骨神経痛の施術では手間を惜しまずしっかりと施術をするために行います。
坐骨神経痛の治療

ハムスト(太ももの裏)ここではコリコリとした坐骨神経がしっかりと確認できます。

このハムストからの坐骨神経のアプローチも様々あります。この写真の動作すらできない方も多いのでその時は違う角度からアプローチをして神経痛の症状を緩和させてい行きます
梨状筋

こちらは梨状筋にたいするアプローチでこれはどこでも受けれるのですが実は下肢の角度でしっかりと施術が出来るか?出来ないか?

ただ単に横になってくださいといきなり押圧をされるのはナンセンスですね、、ここでは持続圧をかけ神経症状がどこまで落ちているのか?これを確認するのも坐骨神経痛の施術には重要な事です

坐骨神経痛の原因

基本的には臀部から太ももかけての痺れ・痛みが多くほどくなると下腿部・足の親指まで痺れ・痛みが出てくると思います。

坐骨神経痛の施術はもちろん独自の施術で坐骨神経痛の痛みがわかるこその施術となります。

根本的な部分は正直難しいですが年間を通して坐骨神経痛の症状である痺れ・痛みを出さないようにすることは可能です。

根本的な部分が難しいという事は起因するもののによります。

坐骨神経痛の施術は男女共に受けれる施術となります
日曜日・祝日の午前中も可能です

坐骨神経痛の原因としては

・坐骨神経の圧迫
・脊椎神経根の圧迫
・梨状筋症候群
・腰部脊柱管狭窄症、
・椎間板ヘルニア
・腰椎すべり症など
これらが起因し坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛として症状が出ます
しかし筋肉を弛緩させたりすることで原因となるのを除去しなくても症状は出なくなります
この筋肉からの圧迫をどうやって開放するか?これが施術の鍵となります

症状としては
・腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痺れや痛みがある
・鼠径部・仙骨・お尻の中に熱感を感じるような痛みや違和感がある
・慢性的な腰痛があり腰痛が重くなってきたなと感じたら症状が出る
・前屈や身体を反ると太ももが痺れたりけいれんをする
・座位でつま先だけで地面に付けていると30秒もすると痙攣をする
・排尿障害
・歩行時に違和感を感じるなど

坐骨神経とは

人間の神経の中で1番太い神経が坐骨神経で触っても筋肉と思うほど太く親指の太さがあります。

腰椎4、5神経と第1~3仙神経からお尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます

これだけ長い神経ですからはじめは1番痛みが出る圧痛点を探し足の方はどこまで神経を刺激し痛みがあるかを触診致します。それにより1番圧迫している部分を特定し解放してあげると通り道もでき症状は緩和していきます

症状が緩和したら今度はどうして圧迫をしてしますのか?日常的な動作を調べそこの改善です
疲労し筋肉が固くなり結果太くなりますそこで神経が圧迫する場合や姿勢で骨盤が前傾になりやすい場合なども神経を圧迫し坐骨神経として症状がでます。

これはわかりやすく言いますと坐骨神経痛の症状が出ているとき皆さんどういう姿勢になりますか?腰を曲げますよね?

これが答えになります。そのような生活から変えて緩和したら次にまた起こさないような施術が1番となりますので

一時的な坐骨神経痛の施術よりしっかりとした知識がある院を選ぶのも重要となります

坐骨神経痛は自己管理も大切です

生活の仕方によって坐骨神経痛の痛みは軽減します
坐骨神経痛の症状が強い時はいかに腰部に負担がないように生活するか?これもポイントです。就寝前に痛みが出て寝るのもつらい方が多くいます

そういった利用者さんには寝る姿勢も指示をする
これは施術者にとって最低限必要な事ですが
「横向きで痛い方を上にして寝る」枕は肩の高さなので二つ重ねるなど
これだけで翌日の痛みは軽減します。
多少のしびれなどは1回の施術で痛みは消失し良く寝れますが、念のため当院では指導をしております。

背骨のカーブなどの説明より大切なことは沢山ありますが、痛みなどが出ている最中は腰はめげておいた方が良いです。これは姿勢が悪いから神経を圧迫しているのも確かですが、痛みが出ている最中に痛い姿勢と言うものは辛いものです

痛みが強い・増している時は横向きになり、背中を丸めてゆっくりと神経の興奮が治まるまで待つこれも大切な事ですね

(反らすことも猫背も坐骨神経痛の原因になる事もありますが、そちらの方が痛みが出ないのならば、まず痛みが消えてから姿勢を正しくする、これが当院の方針でもあります)

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違い

大きく分けると痛みが出る動作が違うのも特徴ですが
脊柱管狭窄症で坐骨神経痛が出る動作としては
・腰を反らす
・長時間の立位(立ちっぱなし)
・長く歩く
・仰向けで寝る
腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経痛が出る動作としては
・座位(座った状態)で靴下や下着をはく
・前かがみで長時間の座位(いすなどに座る)
・片足をあげる
これだけではわかりませんが、整形外科に通院され医師に診断してもらう事も非常に大切です。

歩行時の筋活動(坐骨神経痛)

長い間坐骨神経痛が長時間同じ姿勢で痛みが出るだけではなく
歩行時にも痛みが出てきます。こうなると神経痛の興奮を抑える施術と同時に筋肉の緊張を緩和させる施術も必要となってきます
これも全てをやるのは時間の無駄と大切な部分の施術時間の短縮となりますので
施術はしっかりピンポイントにこれも大切となります
ではここでは少し難しい話になりますので飛ばしてもらっても良いと思います
お尻の筋肉としては
坐骨神経痛の圧痛点としては梨状筋という筋肉が注目されますが
歩行時に活動する筋肉としては

大殿筋…遊脚相終期の股関節屈曲時遠心性に収縮
立脚相初期には求心性に収縮をし股関節の伸展を維持する
(二次的に膝関節の進展にも作用をする)
これは座っている最中に膝を伸ばしての痛みと立位で膝を伸ばす
これの伸展時の痛みの差を見る事で解ります

中殿筋
遊脚相終期に活動をはじめ
片足で支持するときにモッドも活動する筋、歩行時の前額面上の骨盤の安定に非常に重要となる

大腿四頭筋(大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋)
遊脚相終期に活動をはじめ
立脚相初期に強く遠心性に収縮をするまた、膝関節の屈曲を制御する筋肉
立脚中期まで求心性に収縮をし体重を支える

ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)
遊脚相終期、膝関節伸展の原則ために遠心性の収縮をする
立脚相初期まで活動をし股関節の進展を補助
大腿四頭筋と同時収縮で膝関節を安定させる
(座位で膝を伸展(伸ばす)動作でプルプルと筋肉が震える方もいますね)

下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋)
プッシュオフ
立脚相全体に関与するが踵離地(しょうりち)から足指離地期で強く収縮
身体の全身運動に特に重要でこのように言われます

前脛骨筋
踵接地期に強く遠心性に収縮をし足関節の底屈を制御し遊脚相では求心性に収縮をする(トゥクリアランスの確保)

大きく分けるとこれだあり、ただ歩いている最中に痛い、よく躓く、膝に力が入らない
から施術をしましょうではなく
歩く最中のどこで痛みが強く出現するか?これが施術に対してとても重要になり整骨院や整体院・マッサージ院を選ぶ基準ともなります