精子を良くする・気を付ける事(初級)

精子を良くするために当不妊症鍼灸でお願いする事

禁煙

アルコールの制限(全く駄目という訳ではありません)

ブリーフ(ボクサータイプ含む)
よりトランク

※ボクサータイプでも大腿部・陰部の
締め付けが緩いものは可とします

お風呂、サウナは控えめに

お風呂は熱くても43度まで

熱いのが好きなご主人でしたらこのように

1週間ごとにさげていくのも有りだと思います

43度でしたら5分
42度でしたら10分
41度で20分

サウナをどうしてもでしたら
確実に排卵した2日後から生理までは
許す事にしましょう

育毛剤は使用しない

フィナステリドですね
フィナテリドは男性ホルモンを抑制するもので
精子の数減少 、射精障害、EDなどが取り上げられております

薬関係で言えば
高血圧・心臓・うつ関係も要注意
これは、服用中でしたら辞める事は望ましくない為に
いかに、薬を減らせるか
これを考えた食事や生活習慣に気を付ける事

採卵・AIH前は特に規則正しい生活を心がける

(D1から特に意識をしていくように)

1日7時間睡眠を心掛ける

睡眠時間も同じですが
朝1番の精子が1番状態が一番良いと記載もあります
採卵前などは最低3日は残業をしないで
早めに寝させる事が重要です
『American Journal of Epidemiology』誌に掲載された論文で、
睡眠障害と精子の数の減少には相関関係がある記載

また女性では、排卵を抑制で
睡眠不足は男性だけに影響を与えるわけではない。
マイケル・ブルース博士によれば、睡眠は女性の排卵を制御するホルモンのレベルに影響するため、
女性の生殖能力に影響を及ぼす可能性もあるという
の記載もあります
(この件は別で詳しく書いていきます)

また朝起きたらストレッチもしくはスクワット

多分一人でやれと言ってもやらないのが男性です

できたら一緒にやりましょう!
それでも出来ない方は
通勤途中に歩幅を意識的に広げる
階段を使う
通勤電車では吊革を強く握る緩めるを繰り返す
電車内でつま先立ちを20秒行い、床に就くを繰り返すなど

禁欲はしすぎない事

これは出来たら3日に1回は射精してもらう事が良いと思います

劣化を防ぐ
染色体異常を防ぐ(見かけだけではなく良い精子を多くする為に)
奇形率の防止など

カルシウム・亜鉛などを含んだ食材を意識する

またはオメガ3脂肪酸
肝油、ニシン、サバ、サケ、イワシ、タラ
ω-3脂肪酸のα-リノレン酸(ALA)が豊富に含まれているもの
アブラナ(キャノーラ)特にエゴマ、アマ、アサなどに含まれている

ビタミンEやDなどは最近意識している方も多いと思います

油は熱さないでスプーン1杯を何かに掛けるイメージでしたら
間違いはありません

適度な筋トレ・適度な糖質を

男性ホルモンの原料は糖質
筋肉に刺激を与える事でテストステロンを上げる事が出来ますが
ご主人の疲労を考えて行います

血糖値・肝臓・コレステロール・腎臓に不安がある方は
個別対応になります

例)血糖値→まずは野菜から食べ様子をみていく
コレステロール→豚→鶏肉
腎臓→カルシウムを制限・減塩などなど

慢性疲労気味でしたら
筋肉に刺激を与えるより
ストレッチなどをして疲労回復に努める

まずはこの辺から意識していくと簡単かもしれませんね

さらなる個別での対応はまたご相談ください

不妊鍼灸について不妊鍼灸ではツボを刺激し、ホルモンのバランスを整え、身体の機能を改善させる効果があります。 しかし生活習慣の改善や食事などもホルモンのバランスや卵子の質に大きく関与しているのは細菌有名だと思います。ぬくもり鍼灸院ではトータル的に改善をし妊娠に向かう鍼灸院です
利用者さん向けページ
周期に合わせたアドバイス:簡単なご案内