早期閉経について妊娠・出産

早期閉経・妊娠

早期閉経
早期閉経

数年閉経状態にあった方です

この方ですね、卒業間近の時は結構、低AMHや無月経の方にはよく話していた方です

施術開始1年で普通に排卵するようになり結婚・妊娠予定がするない為に1回卒業してもらいましたが

約半年ぐらいでまた無月経となり施術開始そして排卵するという事で続けてきたのですが

ある意味1番記憶に残る利用者さんの一人ですね

結婚までの流れ、仕事の転職(薬剤師さん)など結婚妊娠に至るまでを見るという事がこの症状ではないのである意味おじさんが成長を見守る感じで不思議な感じでもありました

卵胞が見えない・閉経かも?

そんなわけがない、しかし無意味に何かを続けていても意味がないような気もします。

卵胞が見えない・生理も来ない

こういう症状を何十件も見ていると

まずこれは行けるな?という方と難しいなという方もいます

また行けると感じた中でも正直50%ぐらいが卒業できる

これが今の成績です

また排卵できる身体に作り直すのも大変なのですが1番難しい所が卵胞が見えない状態の中「心が折れる」これ非常にわかるのですがそれでも続けられるのか?

だいたい半年ぐらい止まった後、採卵をすると空胞

ここでまた折れる

少し卵胞が見え気持ちも緩み折れる

もう…

気持ちとの闘い

施術側も気楽にもう少し頑張りましょうとかいう方もいると思いますが、これだけ見ていると言いにくい言葉で

「出るまで我慢」…こっちの方がきついですが「信じて待つしかない

」これしかないような気もします。

では何をするか基本は

下垂体から毛細血管そして栄養

はじめからの構築です。家を建てるのと同じで

材料(栄養)場で組み立てる

材料があっても大通りしかなければ(毛細血管)現場には付けない

道があっても材料がなければ家は建てれません

また構築(睡眠)がいなければ家は建ちません

この流れの段取りをするのが親方(下垂体)です

この段取りを邪魔をするモノがまた色々ありますね

材料を組み立てる際のスパイク君や牛さんがいるかもしれません

という事で全部やる!これが大変なんですね

今、張って健康診断の結果も変わってきている方でたまに卵胞が見え隠れしている方がいます

きっとうまくいくはずなのでその際にはまた書いていこうと思います

不妊鍼灸についてぬくもり鍼灸院では専門的な不妊鍼灸治療を行っています
当院の不妊鍼灸治療は、機能解剖や生理、臨床データ、エビデンス(科学的根拠)を重視する現代医学をベースにし東洋医学との融合を目指し約25年、東洋医学とは?を考え施術を行っております
根拠のある施術と生活習慣に対するアドバイス。一人一人違う行動が不妊から妊娠そして出産へと信じております
ぬくもり鍼灸院の不妊鍼灸の特徴
・できる限り見え納得できる不妊鍼灸を行っております
曖昧な表現で妊娠しやすい身体作りや「冷え性改善」し妊娠を目指しましょうではなく「これをすればこの機能は改善する!」「弱点を克服する」など目的を明確にした説明と施術を行います。
弱点はみなさん違います。同じことをやれば良いのであれば全て同じ人間になります。違うから楽しいのです
知識と経験から生まれた「実績」の不妊症鍼灸と生活習慣の改善詳しくはホームページを覗いてみてください
利用者さん向けページ
周期に合わせたアドバイス:簡単なご案内