妊娠初期の尿蛋白・心拍確認・10w

妊娠初期の尿蛋白

尿にたんぱくが出て、慌てる!こういう事が今日あったので調べてみました医師から何かの指示があったら、その指示を守ってください

ここで尿淡泊が出やすいケースを先に話します
(妊娠初期のお話)

妊娠中、妊娠初期は尿意が近くなる事が多いです
(妊娠により腎盂や尿管が拡張します)

基本検査の時は尿を貯めて置くことが大切になりしかし…トイレにいってしまう事もよくあると思います

尿をためる時間がなかった場合は絞り出す形になりますそうなると、精液やおりものの混入がある場合も…

基本は尿の前後は入れないで中間の尿を検査するのがベストらしいです

また1回だけ尿タンパクがプラスと出ても、連続して尿タンパクがでると限らないので、次の検査までしっかりと指示に従いましょう

それは妊娠中は腎臓への血液循環量が多くなる為に、腎臓の処理能力に負担が掛かってしまい尿タンパクが+として出ることがあることです。

一時的な場合が多いとも言われています

簡単にまとめると尿タンパクがでる原因として考えられるのは

運動した後
過食
過労
発熱
便秘
睡眠不足
水分の過剰摂取
入浴後
寒冷刺激後
ストレス
精液やおりものの混入など

の可能性もありますので深刻に考えず
医師の指示に従いましょう!

 

塩分の摂取量は1日10グラム以下又は7グラム以下に抑える事が望ましいと言われておりますが…
解らないですよね?

という事で外食やお弁当、間食などで塩分入ってるな…
とか思うのを少し控えれば大丈夫だと思います

摂取するたんぱく質は
サケやマスなどの赤身
肉ならヒレ肉などがよいようです

不妊鍼灸について当院に来られている妊娠希望の利用者さんは、妊活を始めたばかりの方から不妊治療歴が長い方まで幅広く来院されます。当然年齢や家庭環境・社会環境など事情も違います
当院はそれぞれの利用者さんの体の構成を把握して、鍼灸院でしか行えない施術・治療を一人一人異なる提案しながら改善し出産まで狙う事を第一に考えておりますぬくもり鍼灸院の不妊鍼灸の特徴
・できる限り見え納得できる不妊鍼灸を行っております
曖昧な表現で妊娠しやすい身体作りや「冷え性改善」し妊娠を目指しましょうではなく「これをすればこの機能は改善する!」「弱点を克服する」など目的を明確にした説明と施術を行います。
弱点はみなさん違います。同じことをやれば良いのであれば全て同じ人間になります。違うから楽しいのです
知識と経験から生まれた「実績」の不妊症鍼灸と生活習慣の改善詳しくはホームページを覗いてみてください
利用者さん向けページ
周期に合わせたアドバイス:簡単なご案内