自賠責保険とは

自賠責保険の補償範囲
難しい話はぬくもり整骨院にお任せください

 

対人物損

傷害 120万円
(治療費/休業補償/慰謝料)
死亡時 3,000万円(逸失利益/治療費/慰謝料/葬儀費用)後遺障害時 4,000万円(逸失利益/治療費)
あらゆるものに対して補償ゼロ

自賠責保険は整骨院で受診・治療ができます

国家資格医療機関である整骨院・接骨院では自賠責保険の治療を行う事ができます。

またどこの医療機関で自賠責の治療を行うかは患者さんが決められるという選択権があります
当院には整形外科で受診を受ける前に来院される方も多いですが時間があるときには診断を受けに通院してもらいます

ぬくもり整骨院では整形外科への紹介もできますので、かかりつけの整形外科等がない方はご相談ください

慰謝料の計算
治療費治療に要した、必要かつ妥当な実費
看護料入院1日4,100円、自宅看護か通院1日2,050円。これ以上の収入減の立証で近親者19,000円それ以外は地域の家政婦料金を限度に実額が支払われます。
諸雑費原則として1日1,100円が支払われます。
通院交通費治療に要した、必要かつ妥当な実費
義肢等の費用通院に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
診断書等の費用発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
文書料発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
休業損害原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証で19,000円を限度として、その実額が支払われます。
慰謝料1日4,200円が支払われ、対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを勘案して治療期間内で決められます。

 

自賠責保険では傷害慰謝料

1日あたり4200円と決められています

基準となるのは、治療期間と実治療日数です。治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数です実治療日数とは、実際に治療のため病院に行った日数で治療期間と、「実治療日数×2」を比較し少ない方を通院期間とし、それに、4200円をかけて自賠責保険慰藉料(慰謝料)を計算します(限度は、120万円)となります

自賠責保険の補償される範囲は?
自賠責保険で補償される人はすべて「他人」です。この「他人」とは血縁以外の人を指すのではなく「運転手、運行供用者以外」となります。「運行供用者」とは主に車の名義人のことを指します。

補償されない

運転手
運行供用者

補償される

同乗していた方

自賠責保険の時効

※自賠責保険では3年で時効となり、保険金(共済金)の請求する権利が消滅します。何らかの理由で請求が遅れてしまう場合は、時効中断の制度があるので、各損害保険会社(組合)にご相談ください。

※ただし、平成22年3月31日以前に発生した事故については、請求できる期間は2年以内となります。

※症状固定とは、症状が安定し、医学上一般に認められた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった時をいい、医師により判断されます。