不妊鍼灸ぬくもり鍼灸院

船橋市の不妊症鍼灸ぬくもり鍼灸院

下総中山ぬくもり鍼灸院から皆さまへ[感染症・新型コロナウイルス関連]
厚生労働省および千葉県により、整骨院・鍼灸院は医療施設として【社会生活を維持するために必要な施設】と発表されたことを受け
鍼灸は東洋医学に属し、病気にかかりにくい身体をつくる【免疫力】を高める効果があるとされています。

新着情報

新着情報

初めての方はコチラをお読みください

初診で必要なもの

利用者さんはまずこちらをお読みください

ぬくもり整骨院・鍼灸院の感染症対策

・来院時には受付にあるノンタッチのアルコール消毒器で手指を消毒してください
・施術毎にベット及び治療に使用した機器の消毒をしております。
・施術者はマスクの着用をいたします。
・換気は空気清浄機及び窓を開け十二分に換気を行っております
・トイレやドアノブも次亜塩素酸素水での消毒、および便座はアルコール消毒の設備を完備しております
・また手洗いに関しても使い捨てのペーパータオルで清潔にでき、うがいをご希望の際にも紙コップ・薬剤をお渡しできます
・発熱や咳、感冒症状が確認されるお客様のご利用をお断りいたします。

・帰宅時にマスクがない場合は無料でお渡しをしております

医療機関向け情報(治療ガイドライン、臨床研究など)

皆さまのご理解とご協力に感謝いたします。

当院は、不妊症鍼灸で日本トップクラスの低AMH(0.2以下)0.02以下は100人以上出産・多嚢胞性症候群の臨床数・臨床経験を持ち結果を出す鍼灸院です。不妊鍼灸である程度以上治療効果を出す為には、その症例を扱った経験値が大きく左右します。10年以上、不妊鍼灸を中心に治療を行ってきた知識・経験を不妊で悩む皆様に提供させて結果を出させていただいております

ぬくもりでは不妊症のクリニックに不妊症で通院されている方のみ受け入れているのは、西洋医学の効果をどこまで効果良く発揮できるかがぬくもりの鍼灸となるからです。またクリニックの方針には口は出しません。現在ぬくもりでも南関東のクリニックは全て来院されているので相談にも乗れますまた北九州や兵庫などのクリニックも経験がありますの関東から通院される際にも方針は大体把握しており通院されているクリニックに合わせた会話もできるので安心してお悩みをお話してください

当院では10年以上の不妊鍼灸経験から利用者さんに合わせた治療を行うことを信念としております。月経期・低温期・排卵期・高温期・に合わせた鍼灸治療を行うことで、早く妊娠しやすい身体に変えれるよう学んでおります。また当院は患者様の不妊の原因を探すために不妊専門病院での検査結果治療や健康診断の結果と東洋医学的に判断し生活習慣などのアドバイスをしていきます。

船橋ぬくもり鍼灸院の施術

しっかりと身体の中身変えていきます。これは健康診断の結果でも大きく変わっていきます。健康診断というものは「病気になりかけていないか?」当然、不妊症で苦しんでいる方などはほぼ全員が数値に異常がない方ですが「隠れた数値」というものが多くあります。隠れ貧血・甲状腺や脂肪肝など当院の不妊症鍼灸はその数値を見落とさず、改善させていく鍼灸院で単なる「冷え性≒不妊」などち言う簡単な仕事はしておりません

千葉では1番卒業生を出していると自信がある鍼灸院です
3か月来院されてからの採卵でしたら2回の採卵で移植まで行かなければ取れるまで無料で施術を行います 。

今までの感じですと1年に2人出るか出ないか?約5%の確率です
(当然採卵経験者含む)

ぬくもり鍼灸院の不妊症鍼灸・妊娠例

●AMH0.0からの妊娠

これはおかげ様で100人を超えました

(0.02含む)

●40歳以上の妊娠

200人を越えました

私が面白いなと感じるのは43歳~

●移植5~10回以上の方

●着床前診断

●複数回採卵で凍結できない方

ぬくもり鍼灸院の不妊症鍼灸は適切なアドバイス・転院の話が出来るようにどこのクリニックとも連携や合う事も控えております。

当院には培養士さんや看護師さんも来院されることが多いのですが、接点を持つと本当は合わないのにそこに勧めるようなことはしておりません。不妊症で悩む時間が長いと色々な検査やクリニックの特徴が解ってきますが、どうしても信念ある治療ですから良くも悪くも固執した考えが出てきます。これは非常に良い事なのですがどうしても合う合わないが出てきます。悪いクリニックは正直ないと思いますが、クリニックの選び方も自分に合ったクリニックを選択するこれが1番妊娠への近道となります。例えば貧血なのに何もしない、血糖値・A1cが高いのに何もしない、甲状腺・コレステロール、肝機能などなど、それを私が見て弱点を得意としているクリニックに紹介するというう選び方をしております

不妊専門クリニックと不妊鍼灸の併用による不妊治療の効果

当院の不妊鍼灸を受けられる方には専門病院での治療と併用される方が9割を超えます。

西洋医学と東洋医学では妊娠を望むという目的は同じでも別方向からのアプローチとなります。対処療法と内側から改善させる「東洋医学」簡単に言いますと東洋医学は本来生体が持っている内的・外的要因により原因を改善させるという事に本質があると考えております

例で言いますと最近ではクリニックでも測定する「ビタミンD」・「血糖値」・各種ビタミンや「肝臓」ですね、これは2008年から当院では注目をし、他のクリニックで測定してもらったりしていた時期もありました。東洋医学というと「うさん臭い」これあると思いますが、妊娠≒アンチエイジングと考えればいかに「内側が大事かと思っていただければ幸いです」

体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。
米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性百六十人を二グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回った。 体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰り返し治療をうけるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。 妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は、「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。

読売新聞

不妊治療の効果「針で」大幅改善(2006年11月10日 読売新聞)

胚移植日に鍼灸治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる 妊娠率22%→36%

2006年デンマークからの発表Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精例に鍼灸治療を3回行い、はり治療群に妊娠率が高かった 妊娠率13.8%→28.4%

2006年ドイツからの発表 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精例に針灸治療を3回行い、針治療群に妊娠率が高かった 妊娠率23%→31%

2006年オーストラリアからの報告Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

体外受精と併用された針灸治療は妊娠率を向上させる

2008年アメリカからの報告 Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

はり療法を併用した胚移植は、はり治療を受けた群の臨床的妊娠は1.65倍高く、継続中の妊娠は 1.87倍、生児分娩率は1.91倍

当院は絶対に雑誌などの広告はしません掲載されました→広告です。よく無料で雑誌にとかもありますが断っております

鍼灸院として東洋医学の「最先端医療」を目指す。

西洋医学は科学に基づいた医学で病の最終結果である症状の部分的解明から研究が進められております

いっぽう東洋医学は科学以前の医学で、病の根本的な原因を考える医療として進化してきました。

そのため西洋の薬は、症状を取ること(対症療法)に優れておりますが、その多くが病の根本的な治療にはなっていませし薬も感染症以外の薬は皆無となります

病は自分自身で考え治していくべきだと考え「病気にならない身体作り」が大切で東洋医学の本質の「養生」により自己治癒力を薬効だけでなく、その思想や治療体系からも増強させ行くべききだと考えております。「妊娠を願う」事も同じで基本「原因がわかる不妊」というもの非常に少なく、なぜ妊娠しにくいのか?卵子の老化で片付いたら「諦めるしかありません」そこで東洋医学(鍼灸・養生)をし妊娠に導く鍼灸院としてぬくもり鍼灸院は不妊治療を長年研究し妊娠に導いております

 

美容に関してはコチラ、船橋美容鍼ぬくもり鍼灸院

身体の痛みにはコチラ下総中山ぬくもり整骨院