保険診療について

主な保険診療科目

・骨折・脱臼・打撲・捻挫・突き指・ムチウチ・急性的な筋肉痛・関節の痛み など
外傷(捻挫・打撲・骨折・脱臼等)については保険診療を行っております。

柔道整復師の施術

接骨院では本来持っている自然治癒力(自分で治す力)を柔道整復師の施術によって最大限に引き出すことにより捻挫・打撲・骨折・脱臼等の外傷の回復力を早めることが柔道整復師の特徴といえます。

外傷(けが)の治療

外傷(捻挫、肉離れなど)や様々なスポーツ時に発生する損傷に対して措置を行えます

手技療法

各種テクニックを使い、症状に合わせて施術します。
・マッサージ・筋肉調整・関節モビリゼーション・AKA

テーピング療法

筋肉を保護したり、痛みの軽減の為、キネシオテープやテーピングを用いて処置します。

電罨法・温冷罨法

物理療法として電気を通電したりして腫れや痛みを軽減していきます

骨折や捻挫などの外傷後の痛みや、筋肉の過度緊張など、血行促進や症状の緩和を行います。

健康保険が使える場合

対象になるのは急性(慢性化していない)のけがだけ整骨院(柔道整復師)で受ける施術(病院の治療にあたる言葉です)のうち、健康保険扱いできるのは「負傷原因が急性または亜急性(急性に準ずる)の外傷性の負傷」だけとなっています。
具体的には、骨折・不全骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷だけが健康保険の適用となります。
さらに、医師の同意が必要の場合も…健康保険扱いができるもののうち、骨折・不全骨折・脱臼は医師の同意が必要となります(ただし、応急手当としての、最初の1日だけはこの対象ではありません)。
柔道整復師は医師ではありませんから、レントゲンをとることはもちろん、置くこともできません。ですからこれらの治療は必ず医師に診断を受け、その後、柔道整復師にかかる場合は、医師の同意を得なくてはいけません。
捻挫、打撲、挫傷について…急性の捻挫、打撲、挫傷については医師の同意なしで受けることができます。ただし、3ヵ月以上の長期の施術になったとき・一度に4部位以上の施術になったときは、その理由を書面で出す義務があります。原因をはっきりさせるためにも医療機関への受診をおすすめします。別の疾患が原因になっていることもあるからです。