エストロゲンE2の基準値

今回はエストロゲンの話

ホルモン基準値

基本エストロゲンは高くない方が良い

エストロゲンが高い場合などには検索される方が多いと思います。またはD3で内診がなくエストロゲンが低い場合なんですかね

まずはエストロゲンが高い場合などは採卵が自然周期なのか刺激の種類によって意味合いが変わっきます
基本自然周期でE2が80を超えている場合などはキャンセルになる所も多いですね

E2が高く急遽内診をいれて卵胞をチェックしまたどうするか考えるクリニックもあります

基本遺残卵胞と言うものは結果が良くないことが多い為に敬遠をされる理由ですねまたD3で採卵の場合などは結構妊娠まで行く方もいますのでそこまで遺残遺残と騒がずに冷静に子宮と卵巣のタイミングがあっていないなと考えても良いかもしれません

また普段は普通に採卵できる方などは医師が見送りますか?という話になったら見送るのが賢明だと考えております

当院では普段から卵胞が見えない方も多いのでD3などでも採卵は凄いチャンスとして考えています

次に刺激周期の場合は医師がやると言ったらスタートをしても良いです
これはクリニックにより方針が違いますのでキャンセルになったらキャンセルで良いです

刺激周期は遺残卵胞がすぐにでも排卵しなそうでしたら排卵を抑えながら刺激を行いますので萎んでいく(閉鎖卵胞)と同時に誘発で他の卵胞を成長させていくという考えなので、気にすることはありません

不妊鍼灸についてぬくもり鍼灸院では専門的な不妊鍼灸治療を行っています
当院の不妊鍼灸治療は、機能解剖や生理、臨床データ、エビデンス(科学的根拠)を重視する現代医学をベースにし東洋医学との融合を目指し約25年、東洋医学とは?を考え施術を行っております
根拠のある施術と生活習慣に対するアドバイス。一人一人違う行動が不妊から妊娠そして出産へと信じております
ぬくもり鍼灸院の不妊鍼灸の特徴
・できる限り見え納得できる不妊鍼灸を行っております
曖昧な表現で妊娠しやすい身体作りや「冷え性改善」し妊娠を目指しましょうではなく「これをすればこの機能は改善する!」「弱点を克服する」など目的を明確にした説明と施術を行います。
弱点はみなさん違います。同じことをやれば良いのであれば全て同じ人間になります。違うから楽しいのです
知識と経験から生まれた「実績」の不妊症鍼灸と生活習慣の改善詳しくはホームページを覗いてみてください
利用者さん向けページ
周期に合わせたアドバイス:簡単なご案内