ベネット損傷

ベネット損傷

ベネット損傷は、肩関節窩後下方にできる骨棘で野球などの投げる動作が多くオーバーユース(使いすぎ)によく見られます。

フォロースルー(投げる動作の最後)のさいに、肩の後ろに痛みを感じる際は要注意

痛みの原因

投げる動作の最後(フォローするー)に関節包の後方が引き伸ばされ、肩関節後方に痛みを感じます

投球加速期における筋収縮,からォロースルー期における牽引により上腕三頭筋付着部に骨棘と呼ばれる骨の棘(とげ)が当たり肩後方を走る神経(腋窩神経)に痛みを感じます

施術

痛みがある又は圧痛点がある場合は固定安静が望ましいが、上腕三頭筋付着部の超音波並び微弱電流などが効果的であると考えております。

インナーマッスルのトレーニングで再発防止・パフォーマンスupを狙う

また痛みが出にくいフォームの指導・練習後のアイシングの指導が大切となります。

骨棘が大きくなってる感じ(関節包が骨化現象)骨性増殖の可能性がある場合は「整形外科」をご紹介させていただきます