美容鍼と赤ら顔

表皮が薄くなると透けて赤く見えてしまいます

小鼻や頬のあたりは毛細血管が密集しているので特に気になる部位ですね 赤ら顔で気になる方で1番気になるのは寒い外から暖かい室内に入った時に起こる寒暖差です。これも個人差があり、美容鍼で来院される方でもご相談が多いです

しかしこの症状は病気ではありません

人間の身体は寒いところにいると体温を保とうと血管を拡張し収縮しています 暖かいところに入ると血管が拡張し今度は熱を発散させようとしますこれを頻繁に繰り返すと、血管が拡張したままで赤ら顔となります。(お風呂やサウナ後をイメージしてください) 最近美容鍼でも多い相談で多いものですが 自律神経(交感神経・副交感神経)が乱れた時などは体温の調節がうまくいかず血管が拡張したままで赤ら顔になったりもします ここでのイメージは怒る→顔赤いや考え事をしている→顔赤い この状態が続いている状態

美容鍼と赤ら顔

美顔鍼・美容鍼灸では自律神経を整える作用も確認されており、また疲れたお身体もアプローチしていきます また、皮膚の炎症が赤みの原因となる事もあります。この炎症作用も美容鍼で抑える事もできます

人気の美容鍼オプションコース

はじめての来院の方は「通常の顔コースをおすすめしております。

美容鍼リフトアップ

美容鍼オプションコースシミ・くすみ特化コースの説明

美容鍼オプションコース洗顔コースの説明

ぬくもり鍼灸院の顎関節症コースの説明・施術

安い美容鍼料金